お知らせ 日立興業につきまして タクシー・ハイヤー・教習車等の部品や用品のご紹介 各種カップのご紹介 各種トロフィー・メダルのご紹介 トップページへ お問い合わせ
■屋号

■本社

■TEL/FAX

■設立

■資本金

■代表取締役

■主要取引先





■主要取引銀行


■主な取扱商品


日立興業株式会社

〒132-0034 東京都江戸川区小松川4丁目54番地

03-3683-5671(代表)/03-3683-5890

昭和32年1月

3000万円

田中 節子

日産特販株式会社、千葉トヨタ自動車株式会社、東京トヨペット株式会社、
日産部品中央販売株式会社、矢崎メーターSS各社、
株式会社ニシベ計器製造所、タクシーメーター関連会社、
国際自動車株式会社、日の丸交通株式会社、京王自動車株式会社、
他タクシー会社、東京都個人タクシー協会など

三菱東京UFJ銀行亀戸支店、朝日信用金庫江東支店、
東日本銀行小松川支店

タクシー・ハイヤー・教習車等の装備用品・部品全般の製造及び販売。回転式空車表示灯・LED空車表示灯、方向指示器(電球、LED)、各種標示物などの製造販売。カップ・トロフィー・メダルなどの販売。

「沿革」
■昭和29年


■昭和32年

■昭和36年

■昭和37年

■昭和45年

■昭和50年

■昭和51年

■昭和63年

■平成元年

■平成2年


警視庁、関係諸官庁のご指導、ご協力を得て初めてタクシー車両の防犯ベルスイッチ付き防犯灯(現在は社名灯を兼ねる)の製作・実用化に成功、全国に普及した。

防犯灯の本格的生産開始のため、江戸川区小岩に日立自動車興業株式会社を設立。

江東区亀戸に製造工場を新設する。

本社を墨田区太平町に移転しタクシー装備品開発等、製造部門の強化を図り社名も日立興業鰍ニ改める。

経営内容の刷新、拡大のため第2工場を江戸川区松島に設置する。

本社を江戸川区小松川4-53に移転。日榮興業株式会社を吸収合併し、経営の充実を図る。

工場、事務所を集約し合理化を図るため、小松川4-54に敷地建物を買収する。

5階建て新社屋の完成をみる。名実共にタクシー・教習者の専門店として活動する。

経営の多角化を図りプライズ製品の販売に着手、着実に成果を上げる。

小松川テクノタウン重層分離工場を購入、益々の発展を目指し現在に至る。